スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三頭山 

ずっと気になっていた「三頭山」に登ってみようと思って
奥多摩にある「檜原都民の森」に行ってみた

天気もよく、道も比較的空いていて10時に到着。

都内よりもだいぶ気温は低めのようだけれど、日向は暖かい。
駐車場も半分以上うまっていた。

登山というかトレッキングというか、自然を楽しみたい人が
沢山いるんだね~

入口からいきなりの急坂を登り、左側のセラピーロードをさくさく歩く
下が木のチップになっていて、とても足に優しい道が整備されています。

三頭大滝を見て、いざ石山の路を進もうとしたら
滝の写真を撮っていたおじさんに声をかけられた。

滝は表面が凍っていて、その下を水が流れているのが見える状態で
これは少し遅いのだそうだ。

沢の凍った写真を撮っているらしく、しばらく一緒に沢づたいに歩いたけれど
おじさんはそのまま沢づたいの路を行くらしく、わたしは石山の路を行くつもりだったので
そこで別れた。

石山の路、深山の路と続き、かなり石段がきつかった

人がいないので、休憩場所じゃないけど大きな石を見つけては
休憩しながら登った。

途中、西原峠方面への分岐で富士山がよく見えた

大沢山、ムシカリ峠を越え、三頭山山頂へ着いたときには2時間以上経過

おにぎりを食べようと空いているベンチを探してキョロキョロしていたら
さきほどのおじさんが手を降っていた。

「きつかったでしょう」とベンチを半分あけてくれた。
富士山が見える側は混んでいて、雲取山が見える逆側に座った。


おにぎりを食べ、ポットに持ってきた暖かい紅茶を飲んで一休み。
風がふくと汗が冷えてくる。

30分ほど休み、下山。

今度はおじさんも一緒だ。
ムシカリ峠をブナの路のほうへ下り、沢沿いにひたすら階段を降りる。

この階段をおじさん、登ってきたのだろうか
石山の路、深山の路もきつかったけど、こっちのほうがきついんじゃなかろうか

降りた時に足はがくがくになっていた

おじさんが「近くにもう1つ有名な滝があるから案内してあげるよ」と
言ってくれたけれど、とてもこの足では行けそうもない

「足ががくがくで…」とお断りして帰ってきた。

帰りに「秋川渓谷 瀬音の湯」で汗を流そうと寄ったら
なんと入場制限していた。

混んでいてロッカーが空いていないらしく、人数をみて入れているようだったけれど
1人だったのですぐに入れてもらえた。

ざっと汗を流し、じっくり温まってほっとした。


三頭山の写真はに載せてます。


姉妹ブログ開設してます
よろしかったら、遊びに来てください。m(__)m
http://photogirl.blog52.fc2.com/

ランキング参加中です。
↓ポチッと押してくれると嬉しいな♪

FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aussiesupergirl.blog38.fc2.com/tb.php/530-abfcf392

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。